記事一覧

SBL 辞退枠争奪戦

SBL 辞退枠争奪戦に参加してきました。

ミーシャルさんのSBLというkooljpさんが主催の4HERO1BANの大会についてのブログを見て「なんじゃこれすごい面白そう」って思っていたところに知らせが。
「辞退が一人でたから誰か入って」とのことでやりたーーーいって言ったらいっぱいいてSBL 辞退枠争奪戦が始まってしまいました。
折角やる気になったから勝って本戦いってやるぜーーーーー!!という意気込みで早速他の参加メンバーのtwitterを覗きにいきました。

なんだこのメンバー・・・

日本選手権出場確定っぽい人、アフリカTV日本代表、レジェ2桁みたいな人が集まっててびっくりしました。もしかしたら本戦より豪華なんじゃないだろうか。
まず自分は4HERO1BANをやったことすらありません。上手い人のブログをちょっと見ている程度の知識しか持っていません。ちなみに最高ランクはレジェ200くらい。練習しようにも時間が無かったため外出中ずっと構成考えていました。構成考えてるのはすごい楽しかったです。



[vsb787さん]
初戦から実力者に当たってしまいました。Twitterを見たところコントロールウォリアーでレジェ2桁HITしてるとのこと、またotkウォリ強いって発言をチェック。
というわけでコントロールをメタりつつある程度広い範囲をとれる構成にしようと決めました。
というわけで使用したデッキリストはこちら。
1.png

この構成でzooをBANする編成。
ミッドハンターはコントロールウォリアーへの有利要素としてラクダとンゾス、凍結の罠を追加、抜いた枠は猟犬を放てとか。
ミッドシャーマンはライトニングストームを抜き、コントロールウォリアーに息切れしないようにアジュア、ハリソンのリスクを取らないようハンマーではなく黄昏の槌を採用。
ミラクルローグは使い慣れていることもあり冷血+リロイのバーストタイプではなくクエスト中の冒険者タイプを選択。
このナーガウォリはラスカルさんが「テンポウォリってデッキはコントロールに弱いよ」って言ってるのをどっかで聞いて「じゃあコントロールに強いテンポウォリ作れば最強や!」って発想から生まれた。つまりナーガを入れたのは彼である。息切れしないように重いミニオンを大量に投入。追加でotkウォリへの回答としてソゴスを採用。前シーズンのランク5までで勝率70%くらい(体感)だったので割と弱くはないとは思う。

相手はウォリアー、ローグ、シャーマン、ウォーロック。
こちらは予定通りウォーロックをBAN、あちらはローグをBAN。

初戦ウォリvsシャーマン(ミッドレンジ)
武器が引けずに盤面の処理が追いつかず、横に広げられ負け。ナーガヴァリアンを決めて負けたのは初めてです。

2戦目ウォリvsウォリ(otk)
5ターン目ナーガが処理されずに6ターン目ヴァリアンからソゴス。ハースストーン楽しい。

3戦目ハンターvsウォリ
1ターン目閻魔コウモリから6ターン目サバンナハイメインまで綺麗に展開。最後に殺しの命令×2。勝利。

4戦目シャーマンvsウォリ
相手が序盤から展開してきたところにこちらは手札が重いせいで展開がうまくできずに負け。ここを落とした段階で割とメンタルがやられた。

最終戦シャーマンvsローグ(クエスト型ミラクル)
序盤でうまくヘルスを削れたおかげで、ギリギリ削りきることに成功。だいぶトップデッキに助けられた。

結果
3-2でなんとか勝利。試合後にテンポストームで相性見てきたところミッドレンジシャーマンはotkウォリに微不利らしい。知識不足感が否めない。ヒーローとデッキの構成は上手くはまったんじゃないだろうかとちょっと慢心。


[vsJimonさん]
アフリカTV日本代表の方と当たってしまいました。見たところテンポメイジ(カバル教団の魔道書をしないタイプ)やシクレパラを好んでるらしい。どっちかというとコントロールよりテンポデッキを持ち込む方のようだ。デッキに手を加えナーガテンポはやり遂げた感じがしたのでなんとなくzooを入れる。というわけでデッキリストはこちら。
2.png

zooBANは変わらず。
ミッドハンターは序盤で遅れないように芋虫。
クエスト型ミラクルローグは盤面処理に重きを置きたいため致死毒増量、スカルカー採用。
Zooも盤面を強くするためにリロイではなくドゥームガード型を採用。
ミッドシャーマンはテンポデッキに遅れを取らないよう軽めに変更。テンポメイジにヘルス4が多いためストームクラック採用、またシクレパラへのガンメタとしてブラッドナイトを採用。

相手ウォリアー、ウォーロック、シャーマン、メイジ
どっちもウォーロックBAN

この編成どっかで見たことあると思ったらアフリカTV出たときの構成と全く一緒と気づく。コントロールいないじゃん!シャーマンが多分アグロなんでそこを回避して早くミラクルとおさないとヤバそう。

初戦シャーマンvsウォリ(ドラゴン)
ヘルス4対策が上手くはまって勝った。
ドラウォリ連投を祈ってミラクルgo。

2戦目ミラクルvsシャーマン(アグロ)
やべぇよ・・・やべぇよ・・・。ミッドレンジと期待しながらも現実は非常であった。なんとか双方ハンド0になるまでもつれこんだがトップドゥームハンマー→トップ溶岩爆発でgg。

3戦目ミラクルvsメイジ(テンポ)
先行取った時点でちょっと察した。墓荒らしが凍ってマナワームにボコボコされてファイボフロボで負け。

4戦目ミラクルvsウォリアー
プレミプレミ&プレミ。狂戦士の処理の仕方をミスして死亡。

結果
1-3で負けました。プレミもそうですがテンポデッキが多そうなことを考えるともう少しいい構成があったと思ってます。


[まとめ]
結果は予選落ちとなってしまいましたが、4H1Bのルールの理解を深めるにはいいものになったと思います。
来月のSBLは何が何でも出ます。そこでは相手もあっとおどろくデッキを披露する予定です。ナーガヴァリアン以上にヤバイ動きをすることに全力を注ぎます。嘘です多分真面目にやります。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント